ナンバープレース(ナンプレ/数独)の解き方 入門編

数字の入れ方

ナンプレ(数独)の問題を解くには、まず、1つの数字に注目します。そして、その注目した数字が入っていないブロック(太線で囲まれた3×3のマス)内で、縦横に重複せずに入力できるマスが1マスだけになっている所を探して数字を埋めていきます。

この内容をマスターするとナンプレ東京1の問題を解くことができるようになります。

数字から縦横にビームを出して同じ数字が入るマスを探す

ナンプレ参考画像0101

まずは「1」に注目します。
「1」から縦横にビームが発射されるイメージをしてみましょう。

ナンプレ参考画像0102

ナンプレ(数独)では縦横に同じ数字を入れることができないので、「1」から縦横に発射されたビームが当たるマスには「1」を入れることができません。
また、「1」が入っているブロックの空いているマスにも「1」を入れることができません。
「1」が入っていないブロックでビームが当たらないマスが1つだけの場合は、そこに「1」を入れることができます。
上の画像では1箇所だけ「1」を入れることができるマスがあります。探してみましょう。

ナンプレ東京では選択した数字からビームを表示させる機能があります。
「入力サポート設定」パネルの「選択数字強調」の右向きの三角ボタンを押して緑色のゲージを2まで上げると、上の画像のようにビームが表示されます。

ナンプレ参考画像0103

左上ブロックの黄色の丸印がついたマスは「1」を入れることができます。
黄色の丸印のマスに「1」を入れたら、そこからさらに縦横にビームが発射されるイメージしすると、「1」を入れることができるマスが見つかります。「1」が入っていないブロックを順番に見ていきましょう。

ナンプレ参考画像0104

今度は左下ブロックに「1」を入れることができるマスが出現しました。
黄色の丸印のマスに「1」を入れた後、さらにビームを発射すると、「1」を入れることができるマスが見つかります。

ナンプレ参考画像0105

今度は右下ブロックに「1」を入れることができるマスが出現しました。
ここからは a → b → c の順で「1」を入れることができます。

ナンプレ参考画像0106

9か所ある全てのブロックに「1」を入れることができました。
「1」を入れるマスがなくなったら、別の数字に注目します。
次は「2」に注目します。

ナンプレ参考画像0107

「2」からビームを発射すると、右上ブロックと中央ブロックに「2」を入れることができるマスが出現しました。

この後は「1」を入れた時と同じように「2」を連続で入れていき、入れるマスがなくなったら別の数字に注目していきます。

ナンプレ東京では同じ数字を連続で入力できる便利な機能があります。
「連続入力」パネルの数字キーを押すことで同じ数字を連続で入力できるようになります。

数字が8つ埋まっているときは残りの数字が入る

ナンプレ参考画像0108

上の画像は「1」から順番に数字を入れていき、「8」まで全て入れ終わったところです。
この後、「9」からビームを発射したいところですが、「9」が1つもありません。
しかし、ブロックに数字が8つ埋まっているときは、残りの数字は1つしかないので、その数字を入れることができます。
また、縦の列や横の列に数字が8つ埋まっているときも同様に、残り1つの数字を入れることができます。
したがって、空いているマスは全て「9」を入れることができます。

ナンプレ参考画像0109

上の画像は全てのマスに数字を入れ終わったところです。
このように縦の列、横の列、ブロック内の全てに異なる数字を入れた状態で全部のマスを埋めることができればクリアです。

ページトップに戻る 次の解き方へ